常駐させてもめちゃくちゃ軽快に動作する「離婚」

どのような行動をしているか記録することで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。普通は、人間の一日一日の行動には決まりができるものです。ところが、浮気をしてしまっていると、決まったパターンが崩れます。変わった時間帯や曜日が断定ができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気を実証できる希望が高まります。

 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分で購入できるのかといえば買うことができるのです。一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて用いるというケースがほとんどですが、これはいかなる人でもネット等で買えます。車両に載せるタイプのGPS端末は、車が盗難されたときに備えて搭載しておくものですので、当然、誰でも購入できます。

GPS端末は、車の目に触れないところに装着して、移動の様子を常時監視し、現在地を把握したり、データログを後から読み出し調べたりします。車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。そうすれば、相手がどこに行ったのかやどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は低いです。さらに、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要になります。無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。
つむじはげ

探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つです。実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるかもしれません。時間給は、人数×時間で費用が算出されます。浮気調査を行う期間が短ければ費用も安くすむわけです。

You may also like