ダイエットの鍵を握るのは良質な睡眠

ダイエットをしている女性の中には眠っている間に痩せることが出来たらいいのに、と一度は考えたことがある人もいるかもしれませんが、実は良質な睡眠をとることは脂肪を燃焼させることに繋がるため、実際に眠っている間に痩せる体を作ることは出来るのです。
眠っている間には、様々なホルモンが分泌されており、こうしたホルモンの中には、ダイエットホルモンと呼ばれるホルモンが3種類あります。

まず1つ目は、体脂肪を燃焼させてくれる成長ホルモン、2つ目は、代謝を促進し、体脂肪を分解してエネルギーに変換するコルチゾール、最後が満腹中枢を刺激して食欲をコントロールしてくれるレプチンです。

これら3つのホルモンを上手に使用して行けば、眠っている間に脂肪を燃焼させることが出来るのです。

しかし、睡眠不足が続いているとホルモンが上手く分泌されずに、過食を引き起こしてしまうグレリンというホルモンが分泌されてしまいますので、3つのダイエットホルモンを上手に使用していくためには良質な睡眠は欠かせないのです。

また良質な眠りを取ることは、ダイエットだけではなく美肌やアンチエイジングにも大きな効果があるため、女性にとって一石二鳥以上の効果が得られるはずです。

寝不足は、ニキビの原因にもなります。ニキビケア チュルン 口コミ

You may also like